2009年6月20日 (土)

テレビのあり方って

先日の某冤罪事件。

一応、釈放となり再審になるようだが。

今のマスコミの報道はどうなんだろうか?

逮捕された時には「ロリコン」扱いで

もう、そりゃあ酷い犯罪者扱いだった記憶がある。

しかし、現在は検察と警察の手続きが悪いとか

操作方法に問題ありとか、取調べを透明化するのに賛成!

と諸手をあげて、元容疑者をかばう始末。

まあ、それはそれで良いです。

しかし、自分達の報道のあり方を考えると言っているのは

ほとんど見かけない。

何故に掌返しをする自分達の姿勢は問題にならないのだろうか?

常に批判する立場にいる事が当たり前になっているのだろうか?

最近ではテレビ局で問題があるとネットですぐに炎上するので

多少はマシになったのか?

テレビ視聴率が全体的に低下する昨今、もう少し考えたほうがよかろうなのだ。

と思う次第である。

みる側も問題なんだけどね。

情報を与える側:警察・検察→マスコミ→視聴者

という図式がある以上、各々が良識を持ち、先入観による価値観の押し付けを

やめないといけないのである。

なんて、思う昨今。

| | コメント (0) | トラックバック (0)