« マイケル・ジャクソン  | トップページ | TVショウ »

2009年6月29日 (月)

サッカーコンフェデレーションズカップ決勝

アメリカvsブラジルってどんな戦いになるのだろうと

思っていたら、こりゃあ、中々興味深い試合でした。

前半でアメリカが2得点という誰もが予想しなかった展開で

アメリカの人達もマイケルショックから立ち直れるか?

とか、無理なことを考えていたら・・・。

後半に入ると、あれよあれよとブラジルがらしさを発揮して

逆転勝ちしてしまったのである。

ルイス・ファビアーノは得点王に相応しい活躍だったね。

少し下がり目でいたロビーニョはカカとのポジションチェンジを

しながら、よく動いてはいたけど、結果が出ないのは

大会が始まってからずっとだった。

もっと、前で勝負しないとね。

サイドアタック要員じゃyないんだからさ。

前半はアメリカのカウンターサッカーが機能して

また、ブラジルの守備のまずさがあったから、

もはやアメリカの負けはないな。

とか思えたけど、そこは王者ブラジル。

日本代表とは違って、キッチリ修正してきたよ。

羨ましい限りですね。

アメリカのカウンターとペースを取り戻す強靭さは

日本には存在しないものだからなあ。

あのようにタフなサッカーができるのはいつのことだろうか?

それまで、僕は生きているのだろうか?

まあ、なんにせよ、ドゥンガ監督よかったね。

|

« マイケル・ジャクソン  | トップページ | TVショウ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカーコンフェデレーションズカップ決勝:

« マイケル・ジャクソン  | トップページ | TVショウ »